ブログ

UターンやIターンの事例などをまとめてご紹介!

地元に帰って働きたいと考える首都圏ワーカーが、地方で働くケースが増えているのをご存知でしょうか。最近ではUターンやIターンなどの言葉も、一般化されつつあります。20年前では考えられない変化ではないでしょうか。UターンやIターンでは、個々のスキルを活かして地元に帰るという選択肢が近年では増加傾向にあります。また、最近では、若い年齢層の方々も積極的にUターンやIターンを検討・実行されているように見受けられます。今回はそんなUターンやIターンは実際についてご紹介したいと思います。

なぜ最近の若者はUターンやIターンなど地方での働き方を望むのか?

ケースバイケースではありますが、最近の若手人材の場合、UターンやIターンなどでは会社の看板を捨て、自分がどこまで通用するのかを試すケースも多いようです。それによって価値観や考え方に新たな刺激を求めているケースも増えているように見受けられます。

また受け入れ先の企業も増加傾向にあります。実際に、リクルートやマイナビでも特集求人も増えていますし、ビズリーチなどはパラレルワーカーを地方に呼び込めないかといったアプローチを積極的に行っています。このように人材会社も新しい働き方であるUターンやIターンなどを激励しています。また比較的高待遇でのUターンやIターンを実施する企業も増えているようです。

ビズリーチの事例:

https://hiroshima2019.peatix.com/?fbclid=IwAR0G4M-HE1WPkLKig_5I5ZDDDYs3AEp27kSa3VdGTK82HrPGH46RvF0v2So

UターンやIターンの具体的な事例とは?

UターンやIターンのケースは多々あるようなので今回はそんな3名の方の事例とともにご紹介します。

UターンやIターンの事例①:地方の市役所へ

Aさんの場合、ITベンチャーから市役所への転職をしました。PRプランナーとして市役所に転職する前は、ベンチャーのデジタルマーケティング領域での経験を幅広くお持ちの方です。どのように地方で働ける環境を見つけたかというと、「Wantedly」に掲載されていた求人を見たようです。面白いのは、縁もゆかりのないベンチャー出身者が新しい働き方の一つとしてPRマーケッターとして公務員で活躍されてる点です。週3日程度神戸へ、東京で2日などの掛け持ちでスタートされているようです。

UターンやIターンの事例②:アドレスホッパーという働き方

アドレスホッパーとは、拠点自体持たず、移動して生活するスタイルを指します。アドレスホッパーは自らの意思で住む場所を選ばない道を選んだ方々を指します。Bさんもその一人であり、10拠点以上の地域で生きるアドレスホッパーの事例があります。彼は設計事務所を退職し、東京のシェアハウスを退去しました。その後、石川県の能登の友人の家に食事込みで3万円で住めオファーをもらい移り住んだようです。その後、パートタイムで夏季限定のアルバイトが北海道で見つかり、同様に拠点を移しました。現状の生活では、新しい人々との出会いは少なく刺激も少ないからこうしたアドレスホッパーという選択肢を選んでだと語っています。

UターンやIターンの事例③:地域との関係性を深めたい

Cさんは、小さなコミュニティーに参加し、出身者同士で定期的に合う交流イベント開催しました。すると、参加者同士が交流をはじめ、地方での新しい活動のきっかけが生まれたと言います。小さなコミュニティーでみんなで参加するというハードルの下がった形で地方へのチャレンジを重ねているようです。現在では、小さなコミュニティーから500名以上の方々が参加して地方に帰っているようです。

多くの場合、地方で仕事がないから首都圏に上京するケースが多いです。一人だとなかなか重い腰ですが、複数だと新しいチャレンジへのフットワークも軽減されるようです。

企業はUターンやIターンを受け入れる体制はできているのか?

例えば、首都圏から比較的近くの熱海でもこのような取り組みが行われています。なぜなら、熱海の人口は1965年の約5万4500人をピークに減少傾向にあり、新しい働き方に注目しているからです。現在は約3万7000人と4万人を切り、高齢化による生産年齢人口の減少も進んでいます。これらは熱海だけの問題ではなく、日本全国に起きている問題でしょう。すなわち、人工ミラミッドの変化への対応は、避けられない問題だと言えます。

一つの有効な施策は首都圏の人材を地方に戻ってきてもらうUターンやIターンでしょう。首都圏と地方では働き方にも差があることも多く、首都圏の働き方を地方に運べば生産性はより一層伸びていくことでしょう。実際に熱海エリアでは、地方創生のアプローチとして首都圏の大手従業員を地方で働かせる試みをして成功しているようです。

どんな世代の人がUターンやIターンのニーズがあるのか?

最近では移住希望者が年々増加傾向にあります。希望者の年齢地域も多岐にわたっているようです。また特殊すべきは、20代、30代からの問い合わせが年々ふえているようです。過去と比較すると、50代以上の世代が多かったのですが、現在では現役世代も若い世代も多様な年齢の移住が進んでいるように見受けられます。

終わりに

いかがでしたか。今後新しいは新しい働き方はどんどんすすんでいくものでしょう。地方での働き方は、これからの未来に適した働き方になるのかもしれません。弊社取引企業様でも、IターンやUターンを望んでいる企業さんも増えているので最新情報を随時アップデートさせていきます。皆さんも新しい働き方にチャレンジしてみたらどうでしょうか?

PAGE TOP