ブログ

Salesforceで数式で持ってこられない参照関係のオブジェクトのロングテキスト項目を画面フローを使って表示する方法

Salesforceでは参照関係の項目を作成すると、その被参照関係の項目を数式で表示させることができます。が、ロングテキストの場合は数式で表示させることができません。けれども商談を編集するときに取引先の備考情報などのロングテキスト項目を参照したい場面って結構多いんじゃないでしょうか。というわけで、今回は参照関係のオブジェクトのロングテキスト項目を、画面フローを使って表示させてみたいと思います。

概要

次の画面フローを作成し、レコード詳細ページを編集してフローを設置します。設置するときは、レコード詳細ページからレコードのIdをフローに渡すように設定します。

ざっくりとした画面フロー作成の流れは以下の通りです。
1. レコード詳細ページから渡された商談Idで商談を検索
2. 参照取引先のロングテキスト項目値を変数に格納する
3. 画面要素でロングテキスト項目値が格納された変数を設置する
では、手順を書いていきます。

画面フローの作成

レコードを取得要素を設定する(対象の商談情報を取得)
フローを新規作成し、「レコードを取得」要素をキャンバスにドラッグします。

以下の通り、設定していきます。


表示ラベル:商談の参照取引先IDを取得(何でもいいです)
API参照名:getOpportunityInfo
オブジェクト:商談
<商談レコードを絞り込みセクション>
条件の要件:条件を満たしている
項目:Id 次の文字列と一致する
とし、一致先の変数を作成します。「+新規リソース」をクリックします。

変数の設定について

変数の設定は以下の通りです。フロー外部での可用性は、レコード詳細ページからIdを渡すのに使用するので、入力で使用可能にチェックを入れます。

リソース種別:変数
API参照名: recordId
データ型:テキスト
フロー外部での可用性:入力で使用可能にチェック

商談IDが{!recordId}と一致するように設定します。
検索の結果取得したレコードの取引先IDを変数に格納します。
項目値の保存場所:個別の変数に保存

図の通り、「+新規リソース」を押して取引先Idを格納するための変数を作成します。

リソース種別:変数
API参照名:v_AccountId
データ型:テキスト

上で作成した変数、v_AccountIdを取引先IDを格納する変数として選択します。
レコードを取得要素を設定する(対象の商談情報から参照されている取引先情報を取得)
取引先 説明項目(ロングテキスト)の値を取得するための「レコードを取得」要素をキャンバスにドラッグします。

取引先Idとv_AccountId(対象の商談から参照されている取引先IDを格納した変数)が一致するように設定します。
「+新規リソース」をクリックして、検索結果の項目「説明」を保存するための変数を作成します。

変数の設定値について

変数の設定値は以下の通りです。
リソース種別:変数
API参照名:v_AccountDescription
データ型:テキスト


取引先の「説明」の値を、変数v_AccountDescriptionに格納します。

ロングテキストを画面に表示するための画面要素を設定する
画面要素をキャンバスにドラッグします。

画面の表示ラベルとAPI参照名を入力します。
ナビゲーションを制御のセクションでは[次へ]または[完了]以外はチェックを外します(気持ちとして[完了]は消したいのですが、仕様上消すことができません)。

表示テキストを画面にドラッグして、API参照名を入力します。
リソースを挿入をクリックして、先ほど取得した変数v_AccountDescription(取引先の「説明」)を選択します。

あとは矢印でつないでできあがりです。

 

種別は画面フローで保存して、有効化します。

レコードページにフローを配置する