ブログ

Pardotとは何か?Salesforceのマーケティングオートメーションツールの特徴をご紹介!

Pardotについて皆さんどこまでご存知でしょうか?弊社でもマーケティングオートメーションの活用ツールとしてSalesforce のPardotを活用しています。今回はそんなPardotとは何か?最近話題のマーケティングオートメーションの雄の特徴をご紹介します。

Pardotとは何か?

Pardotとは、SalesforceによるSaas(software as a service)マーケティング自動化プラットフォームのことです。Pardotとは、メールの自動化やターゲットを絞る電子メールキャンペーン、加えてB2Bセールスやマーケッターが活用するインフラツールとも言るでしょう。

Pardotとは何か・便利な点とは?

Pardotは、Salesforce独自のCRM(顧客関係管理)と同期することが出来ます。もし皆様がすでにSalesForceのCRMを活用している場合に、より生産性を高めてくれることでしょう。 なぜなら、Salesforce CRMとの同期は、他社製品に必要な時間と比較すると半分以下の手間で住むことでしょう。Pardotでは、その他のマーケティングオートメーションツールの企業のUIよりも直感的に理解できると私自身実感しています。最新のユーザーインターフェースを常にアップでーとしているからでしょう。

Pardotとは:強みや弱みのまとめ

Pardotとは:Pardotの強み

Pardotの主要な強みは、顧客のアクティビティーが容易に行えます。また、1 to 1 リードナーチャリング(見込み顧客の育成)を容易にさせます。特に、リードナーチャリング(見込み客の育成)においても有効性を発揮することでしょう。

Pardotとは:Pardotの弱み

SalesforceのPardotは大変便利ですが、全てが完璧なものとも言い切れません。当然、苦手な部分もあります。例えば、商談数のマネジメントや受注管理、活動履歴の管理などが一般に弱い部分だと言われています。

Pardotとは何か・他の主要な競合企業とは?

マーケティングオートメーションといえば、米国のベンダーが大変強い傾向があります。Pardot以外の主要なマーケティングオートメーンション企業は、Marketo、Hubspot、ActON、SharpSpringなどが挙げられるでしょう。各社特徴や性能に若干違いがありますので比較分析するとよりPardotの魅力が明瞭になることでしょう。

下記を見ると、綺麗に比較分析されているので参考にしてみると良いでしょう。

出典:https://blog.capterra.com/hubspot-competitors-marketing-automation/

Pardotとは・10の出来ることをまとめました

Pardotでは、できることが多数ありますが、次のような一般的なマーケティング業務を自動化できるようになります。
主要なポイントをまとめてみました。

Pardotとは・出来ること①:顧客行動の追跡

Pardotでは、顧客行動を正確に把握することができるようになります。

Pardotとは・出来ること②:デジタルマーケティングキャンペーンを作成する

Pardotとは・出来ること③:Webフォーム管理

Pardotとは・出来ること④:ウェブサイトの追跡

Pardotとは・出来ること⑤:検索エンジン最適化

SEO対策が可能になります。

Pardotとは・出来ること⑥:ソーシャルマーケティング

SNSに関しても、Pardotと連携することもできます。通常企業のアカウントからいいねをした人を特定して自社サイトに飛ばすことが限界だと考えられます。しかし、Pardotを活用する場合、セミナー参加や資料請求などのコンバージョンをしたときに誰が過去のどこのサイトをくりっくしていたのか詳細に分析可能です。

Pardotとは・出来ること⑦:リンク先ページのマーケティング

Pardotとは・出来ること⑧:パフォーマンスを追跡するためのレポートの作成

Pardotとは・出来ること⑨:リードジェネレーション

見込み客獲得、育成、提案受注、受注後のフォロアップまで可視化することができます。各領域でPardotの出来ることを整理すると良いでしょう。具体的なアプローチ方法はリードジェネレーションに特化して後日ご紹介します。

Pardotとは・出来ること⑩:現在の視聴者向けのランディングページコンテンツのパーソナライズ

終わりに

今回はPardotとは何かや出来ること、競合企業との比較などをまとめてみました。Pardotを活用する企業としない企業とでは、出来ることに大きな差が生まれるので検討を導入している企業様の場合、是非自社の弱い箇所と照らし合わせながら導入を検討してみると良いのではないでしょうか。

PAGE TOP