ブログ

医療機器業界のオブジェクト構成 

こんにちは、フロッグウェル代表の大田です。こちらのブログでは、医療機器業界の企業でSalesforceを提案する際の、必要な情報をお伝えしていきます。

あなたは実際に医療機器業界の企業でSalesforceがどの様に使われるかご存知でしょうか。それぞれの業界でSalesforceのオブジェクト構成には特徴があるかと思いますが、医療機器業界にも特徴や意識したほうがいいことがあります。ただ、専門的な業界ですので、知られていないことも多いかと思います。ここからブログでは、複数回に渡って、医療機器業界の企業でSalesforceがどの様に使われるかをお伝えします。

今回は医療機器業界で使われる、Salesforceのオブジェクト構成についてお伝えをします。

学習の目的
このブログ内容を理解すると、次の事ができるようになります。
・医療機器業界向けのオブジェクト構成を説明できる。
・顧客のニーズに対し、オブジェクト構成を提案できる様になる。

【医療機器業界のオブジェクト構成】

医療機器業界のオブジェクト構成ですが、以下がその典型になります。

・取引先
・取引先責任者
・商談
・活動
・ケース
・キャンペーン
・商品マスタ(カスタムオブジェクト)
・販売実績(カスタムオブジェクト)
これに企業毎の要望として、修理管理、見積管理、価格管理等加わる形が標準的な形です。

【このオブジェクトに実態を当てはめると】

もちろん、医療機器メーカーでも販売する顧客の種別により、取引先&取引先責任者はかわりますが、一般的には

取引先=病院・クリニック
取引先責任者=医師・医療関係者

となります。
ただ、これ以外の可能性もありますので、顧客がどこかは最初に確認しましょう。病院・クリニック以外でも医療機器メーカー、販売代理店(卸)、大学・研究機関の場合もあります。

また、病院・クリニックが顧客でも、診療科によって違います。

例えば整形の医療機器を扱っている会社なら
取引先=病院・クリニック=整形外科を中心になりますが、他にも関連診療科は、救急や小児科等も扱う場合が多いです。

日本で整形外科医は15000人ぐらいですので、その医師を中心に考える必要はありますが、小児科や救急も顧客の対象になります。大きな病院だけではなく、クリニックでも手術は行っており顧客になりえます。

【終わりに】

以上が医療機器業界で使われる、Salesforceのオブジェクト構成になります。
少し取引先について触れましたが、より詳細に関しては次回お伝えをしていきます。

PAGE TOP