ブログ

病床機能報告とは ~適切な医療を~

病床機能報告とは何か

今まで病院や診療所(クリニック)に通って治療を受けたことがない人はいないと思います。しかしその治療は、はたして適切だったでしょうか?

各地域において適切な医療や介護を確保させるために2014年から始まった制度があります。それが病床機能報告制度です。

「病床」とは入院用ベッドのことで、20床以上有すれば病院、19床以下であれば診療所またはクリニックと呼びます。
病院および有床の診療所(クリニック)は、病床機能を各都道府県に報告しなければいけません(一部例外もあります)。

病床機能報告には、病床の状況、手術件数、医療機器の台数、職員数などさまざまなデータが存在しています。これらを使って、現状の把握や分析を行い、今後の医療計画を立てることができます。
そして最終的には、各地域において適切な医療や介護を確保することができるということです。

さて、この貴重なデータがたくさん入った病床機能報告ですが、これらはオープンデータになっており、全ての人が閲覧できるようになっています。東京都の病床機能報告は下記リンクから見ることができます。
東京都における医療機能ごとの病床の現状 東京都福祉保健局

リンク先のページから年度(ページ下部)、次に地域(ページ中央部)、最後に医療機関名(ページ中央)を選んでいただくと、それぞれの病床機能を見ることができます。

以下は病床機能報告の一例です。

ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

PAGE TOP