ブログ

DPC制度(DPC/PDPS)とは何かをわかりやすくご紹介します!

DPC制度(DPC/PDPS)とは何かいまいちわかりにくいなどのご相談を受けることが多いです。そこで今回は、DPC制度(DPC/PDPS)とは何かをわかりやすくご紹介します!

DPCとは?

DPCとは、「Diagnosis Procedure Combination」の頭文字をとったもので、Diagnosis=(診断)、Procedure=(治療・処置)、Combination=(組合せ)からなる略称です。そのままをとらえると(診断)と(処置)の(組合せ)という意味となります。

つまり、DPCとは、「診断」と「治療・処置」の組み合わせから、様々な状態の患者を分類するための指標ということになり、そして、これを「診断群分類」と呼んでいます。

では、診断群分類をもう少し詳しく見てみましょう。

診断群分類とは、米国で開発された「DRG;Diagnosis Related Group」を応用したものになります。

DRGは、病院医療における診療サービスを改善するための取組み,すなわち診療プロセスを詳細に評価し改善していくという品質管理(Quality Control)の手法を目的とし開発されたものですが、この評価プロセスから、臨床的な判断に加えて、人為的資源や物的資源など医療資源の必要度から、各患者を統計上意味のある分野に整理する方法が開発されました。この考え方をもとに、各国がそれぞれの国の実態に即した形に応用したものが診断群分類となります。そして、日本では独自の臨床的な類似性と資源消費の均質性に基づいた患者の分類をDPC=診断群分類としています。

DPCという呼称については、これまで上記意味合いである「診断群分類」を意味する場合と、「診断群分類に基づく1日あたり定額報酬算定制度」を意味する場合とが、混在していることが多かったことから、両者の使い分けを明確にすべきとの指摘がありました。そこで、平成22年12月に、DPCを「(診断)と(処置)を組合せた分類(診断群分類)」とし、「診断群分類に基づく1日あたり定額報酬算定制度」をDPC/PDPS(Diagnosis Procedure Combination / Per-Diem Payment System)として、両者が整理されました。

 

制度としてのDPC(DPC/PDPS)

このDPC制度(DPC/PDPS)導入の背景としては、従来の急性期医療における診療報酬体系は、診療行為ごとの出来高払い方式であり、いくつかの問題点が指摘されていたことが挙げられておりました。それは、

DPC制度の問題点とは?

  1. 個別の診療行為には、きめ細かく対応することができるが、その結果、過剰診療となってしまうことがある
  2. 医療技術評価や医療機関の運営コストが必ずしも適切に反映されていないこと,③医療の質や効率性の評価が十分でないこと

などの点です。そこで、この問題点を整理、改善する目的でDPC制度(DPC/PDPS)を導入し、医療の標準化、透明化などに役立てようとしました。

DPC制度(DPC/PDPS)の対象となる患者は、DPC対象病院(1,730病院、約49万床)の一般病床入院患者のうち、「診断群分類点数表」にある診断群区分(4296分類)に該当する患者となります。(手術等の内容によっては、一部対象外となる患者もいます。)

また、診療報酬の算定方法は、包括評価部分と出来高評価部分とを合わせた合計額になります。包括評価部分の範囲は、いわゆるホスピタルフィーと呼ばれる要素を基部としており、入院医療に必要となる基本的費用、つまり施設使用料などが該当します。そして、これらをDPCごとに決められた、1日当たりの診療報酬額が支払われます。出来高評価部分の範囲は、ドクターフィー的要素、つまり医師個人の技量を評価する要素が強く、初診料、手術料などが該当します。これらは、患者のケースによって多様な為、包括評価をすることは難しく、出来高評価となっています。この2点を合わせたものが、DPC制度(DPC/PDPS)における診療報酬となります。

尚、包括評価部分にあたる1日当たりの診療報酬額は、入院期間及び、医療機関ごとに設定された係数(医療機関別係数)を乗じて算出される。入院期間は、入院期間Ⅰ(各DPCの25パーセントタイル値に相当する在院日数まで)、入院期間Ⅱ(入院期間Ⅰを越え平均在院日数まで)、入院期間Ⅲ(入院期間Ⅱを越え平均在院日数+2×標準偏差まで)の3段階の逓減性となっております。入院期間Ⅰ~Ⅲを越えた場合は、出来高での支払いとなります。医療機関別係数は、機能が高い病院ほど1日当たり保活診療報酬は高くなります。

DPCコードとは?

DPC制度(DPC/PDPS)の概要は以上となりますが、ここからはデータという観点からDPCを見てみましょう。

DPCは、14桁からなる診断群分類コードで表されます。ここでは、一例として、「010010xx01x11x」というコードを見てみましょう。それぞれの桁は、個別に意味を持っており次のようになります。

DPCコードの意味・1~6桁目:基本DPCコード

最初の6桁は「基本DPC」と呼ばれ、ICD-10 (国際疾病分類)に対応している傷病名に基づく分類コードです。そのうち上2桁は、全18種類に分類された疾患名からなる主要診断群(MDC:Major Diagnostic Category)となり、残る4桁が入院期間中にもっとも医療資源を投入した傷病名の細分類コードとなります。

DPCコードの意味・7桁目:入院種別、8桁目:年齢・出生時体重等

7桁目は入院種別となりますが2006年以降廃止となったため、「x」が表示されます。「x」は該当する項目がない場合に使用します。8桁目は、年齢、出産時の体重、JCS等が医療資源の投入量に影響を与える場合などに使用されます。

DPCコードの意味・9、10桁目:手術等サブ分類

9、10桁目が手術についてです。99が手術なし、97が手術あり、01~06が定義テーブルによる手術ありとなります。

DPCコードの意味・11、12桁目:手術・処置1、2

11、12桁目がそれぞれ手術・処置等1、2に該当します。補助手術や化学療法、放射線療法等の有無や種類で分類されます。

DPCコードの意味・13桁目:副傷病の有無、14桁目:重症度等

13桁目が副傷病の有無についてです。入院時、入院後に発症した副傷病を表します。14桁目が重症度等を表し、13桁目までで表現できなかった衣料資源投入量に影響を与えるような重症度を表すコードとなります。

このことから、ここで例として挙げている「010010xx01x11x」のコードは、「【1~6桁:基本DPC】010010=脳腫瘍」、「【9、10桁:手術】01=頭蓋内腫瘍摘出術等」、「【12桁:手術・処置等2】1=あり」、「【13桁:副傷病名】1=あり」ということが分かります。※7、8、11、14桁は「x」の為、該当なしとなります。

 

データとしてのDPC

このように、DPCでは患者に対しコードを割り当てることで、集計することができるデータとして扱うことが可能となりました。

尚、このデータは、年1回、厚生労働省で集計され公開されております。https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000049343.html#link02%EF%BC%89

今回は、集計データについては触れておりませんが、このDPCデータを分析することで、症例別の入院日数の比較や、医療機関ごとの診療内容の比較を行うといった分析にも使用することが可能であり、幅広く活用されることが期待されております。

DPCデータ情報を格安で

弊社では、DPCデータ情報を格安で提供しております。詳しくは下記リンクをチェックしてみてください。

PAGE TOP