お知らせ

6月中に病床機能報告(本年分)のご準備が出来ます。

フロッグウェル株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:大田 宏之)

医療機関が都道府県に報告する病床機能報告。

病床機能報告とは、医療機関の有する病床(一般および療養)が担っている医療機能を、病棟単位で都道府県に報告するものです。

病床数をはじめ、病棟機能区分や手術件数、非常に細かい職員数分類といった項目が集計されており、医療機関ごとの医療体制の現状やその必要性を把握することができる、非常に有益なデータとなっております。

しかし、有益なデータにも関わらず、活用される機会が非常に少ないのが現状です。

なぜなら、都道府県や年度、病院単位で固有のフォーマットとなっているため非常に集計が困難であり、また、分析できるようデータを整形するまで手間がかかるからです。

弊社は、それらの異なるフォーマットのデータを1つのフォーマットにまとめることで、すぐに分析可能なデータベースとしてお客様に提供しております。

例えば、病床機能報告データに含まれる病床稼働率や手術件数といった情報は、医療機器や医薬品メーカーの営業活動を大いに手助けしてくれるはずです。弊社では、より具体的な活用方法として、Power BIを用いた分析例を紹介しており、病床機能報告データ分析の浸透を図っています。

PowerBIを用いた病床機能報告データの活用例~操作画面サンプル~

まだまだ活用の余地がある病床機能報告データは大きな可能性を秘めており、弊社はデータを提供すると同時に活用方法を紹介する分析支援を積極的に行っていきます。

6月中に本年分が準備できる予定ですので、ご希望の方は、是非お問い合わせください。

詳細・お問い合わせは下記ページよりお願いいたします。

DPCデータに関する詳細・お問い合わせはこちらから

病院マスタに関する詳細・お問い合わせはこちらから

PAGE TOP