EDI(MD-NET) 構築

サービス概要

医療機器業界標準VANであるMD-Netの各トランザクションと貴社基幹システム、BIシステムとの連結を構築します。
MD-Net/JD-Netは医薬・医療機器メーカー及び販売会社(ディーラー・卸)が共同で設計・構築し、推進しているEDI(VAN)で、唯一の業界標準です。

このVAN導入により、FAXで受発注していたオーダーをデータで自動的に取り込むことが可能となりました。
また、請求データを仕切としてシステムから自動作成し、送付することで、メーカー・販売会社での荷受処理や請求書処理の効率化を実現しています。
業界で標準になりつつある後値引処理ではディーラーが病院に販売後にメーカーに納品実績を利用し送付する事で、早いタイミングでの値引処理又は売上分析を可能にしています。

弊社では、貴社システムとの連携を効率的なエラー処理を含め、開発を支援します。

  • 発注
  • 仕切
  • 納品実績(Sell Out)

Sell Out関連処理はこちらもご確認ください

1)MD-Net VAN 販売実績システム構築
2)ディーラーからのエクセルデータのフォーマット変換ツール(Microsoft Access)
3)販売実績データ運用受託&スモールスタート

悩み

  • FAXをいちいちシステムに入力しているが、人手がかかっている。
    締め切り時間前はFAXが集中し、他の業務を一切止め、受注のエントリ作業をあわただしくしている。
  • FAXに記載された内容が読み取れない、単位が箱か個か解らない。
  • メーカーから送付の商品添付の仕切書を元に、システムに入力し荷受・請求書処理をしている。
  • 販売会社毎に販売実績が個々の違うフォームで送られてくるので、集計作業に時間がかかり、社内営業・マーケティングにいつも催促される。

当社サービス

  • 業界標準VAN (MD-Net/JD-Net)を速やかに構築し、メーカー・ディーラー各社との連結を支援します。
  • MD-Net/JD-Netと社内基幹システム(ERP等)とリアルタイムに連結を行い、受信した発注データをリアルタイムにシステムに取り込み、出荷処理につなげます。
  • 納品実績をDailyで社内BI(Business Intelligence)、レポーティングシステムに連結します。

期待される効果

  • FAXをシステムにマニュアル入力する工数を削減し、より戦略的な仕事に集中することができます。
  • 入力処理が不要になるため、受注の最終締め切り時間間際の処理から開放されます。
  • 仕切データを社内システムに取り込むことで、入力処理が不要となり、仕切・照合処理が効率化します。
  • 納品実績データを社内システムにリアルタイムに取り込み、社内営業・マーケティングに共有することで、より早い営業アクションが可能です。

チャレンジ

  • 接続効果を早く出すためには業界の数多いメーカ・販売会社と効率的に速やかに接続する必要があります。
  • 商品マスタ、取引先(病院)マスタを効率的に更新することが必要です。
  • 日々出るエラー(コード誤り、未登録、数量間違い等)に対し、速やかに、かつ、効率的に対応する必要があります。

当社では、システム構築だけでなく、実際の日々の運用を継続的にお手伝いすることで、接続のメリットを最大にすることを可能にします。